徳島に行ったらハマること間違いなし!!ライターがおススメする徳島市内のお店ベスト3

今回ご紹介するのは私自身が皆さんに徳島に訪れた時には一度は行って欲しいお店、ベスト3を紹介します。

おススメ第3位

それは恐らく徳島県民の多くがご存じであろう支那そばの有名店「王王軒」です。

支那そばとは!?

「やっぱりラーメンは中華そばだよな」「支那そばはあっさりした醤油で麺が縮れているものだよ」よくこのような会話を耳にします。確かにその人にとっての「中華そば」「支那そば」はそうなのかもしれません。

「じゃあその違いは何なの?」という質問をよく受ける事があります。その答えは「同じ」なのです。中国の麺料理がラーメンへと変化していったのはご存じだと思いますが、明治初期の頃は「南京そば」と呼ばれていました。「南京」「支那」「中華」というのは全て中国を意味します。いわゆる中国の麺という意味なのです。その後、明治中期ごろは「支那そばや」や「柳麺」「老麺」などと呼ばれるようになり、戦後「支那」という言葉から、「中華」へと変化していったのです。

では何故、地域によっては支那そばや中華そばと今でも呼ばれているのか? その答えはその地域でラーメンが普及した時代によるのです。例えば和歌山を例にとってみると、戦前に屋台は引かれていたのですが、和歌山でラーメン店が増えていったのが昭和20年の後半から30年代。その当時は前述どうり「中華そば」と呼ばれているのです。

また、地域によっては九州のように昔は、「支那そば」と呼ばれていましたが、今ではラーメンと呼ばれている地域もあるのです。東京は一般的に支那そばと呼ばれていたのですが、戦後にオープンしたお店は中華そばと呼ばれています。(春木屋など)同じ地域でも複数の呼ばれ方をしているのですが、そこにはオープンした時代によって変わっているのです。

そして「ラーメン」という言葉は、邪馬台国以上に説があり、今でもその論争が続いているのですが、昔は「柳麺」「老麺」「らぁめん」などと書かれ、カタカナで「ラーメン」と呼ばれるようになったのは昭和33年に発売された世界初の即席麺「チキンラーメン(日清食品)」の誕生後です。『補足トリビア』なのですが、「カレーライス」と「ライスカレー」の違いも同じく時代によって呼び名が変わっているのです。よく「ライスカレー」はご飯とカレーが別々になっているといいますが、それは違うようです。

引用:http://www.raumen.co.jp/rapedia/trivia/06.html

豚骨ベースのドロッとしたスープで独特な味です。九州のラーメンに似ていますね。初めて体験する人には強烈かもしれませんが、最初店の中に入った瞬間に匂う豚骨の独特の匂いに慣れるまでは大変ですね。味は本当にシンプルでドロッとした豚骨っていう感じでマイルドです。メニューはラーメンとごはん・飲み物のみでシンプル。具材もシンプルで豚肉・ネギ・生卵・もやし、好みに合わせてネギ・メンマ・もやし・たまごをトッピングも出来ます。生卵によりスープにまろやかさがでてさらに美味しさ倍増しますね。ラーメン喰ったぞという感覚になります。

値段も¥550からとリーズナブルなのも嬉しいですね。自家製麺を使用しているので、スープとの相性も抜群!食べ終わった後には残ったスープで1玉¥100替え玉の注文もおススメ。ラーメン好き方には一度は食べてもらいたいですね。

ちなみに写真はネギ倍のトッピングの写真です

王王軒

王王軒

王王軒

住所:徳島県板野郡藍住町徳命字牛ノ瀬446-15

TEL:088-693-0393

営業時間:11:00~20:00(売切れ次第終了)定休日:木

駐車場完備

おススメ第2位

徳島市内秋田町にある「ぶっとび酒場」です。

ここがおすすめなのは3つの理由があります。

①とにかく全料理の金額がリーズナブル。②料理の品が多いこと。③家族連れやカップルや友人や同僚との飲み場に持って来いのお店。

そしてお店がハイボールを推奨しているので、それに伴う特典もあります。

その特典を利用すればハイボールが格安に楽しむことができます。

その特典とは入会金¥300でぶっとび会員になることです。入会後その証であるシールを注文時に見せれば、毎回通常の2倍のグラスでハイボールが楽しめます。

メニューの中でも特に鶏のから揚げ絶品です。外はサクサク中はジューシーで鶏の旨みを堪能出来ます。また、ハイカラも注文できお得にから揚げとハイボールが¥500で楽しめます。

後は店の名物のもつ鍋ですね。あっさりとした味で野菜も多くあり1人前からでも注文できます。もつ鍋のこってりしたのが苦手という方も食べることが出来ると思います。最後の〆にラーメンか雑炊を食べるのはおススメですね。

ぶっとび酒場

ぶっとび酒場

ぶっとび酒場

住所:徳島県徳島市秋田町1-39-1

TEL:050-5861-8296

営業時間:月~木、日、祝日: 18:00~翌1:00 (料理L.O. 翌0:30 ドリンクL.O. 翌0:30)

「ticot」記事を共有する

コメント