日本上陸で大行列「Shake Shack」とは? 本場ニューヨークのお店に潜入取材!!

東京に初出店したハンバーガー店「Shake Shack」。青山の日本1号店は連日の大行列だそうです。

Shake Shackの発祥はアメリカ・ニューヨーク。日本だけではなく、世界中で行列ができる人気ハンバーガーショップです。今はイギリスやトルコ、ロシアなど世界各国にお店を構える規模に発展しています。

一番人気の「ShackBurger」

一番人気の「ShackBurger」

Shake Shackの公式サイトによると、

2001年、ニューヨークにあるマディソンスクエアパークの環境・治安維持のために開催されたアートイベントにホットドッグカートを出店したのがはじまりです。そこから3年間、ホットドッグカートは話題を呼び毎日人々が行列を作るようになりました。2004年に公園内に常設のお店として、シェイク シャックがうまれました。道ばたのバーガースタンドをコンセプトに、最高のバーガー、ホットドッグ、フローズンカスタード、シェイク、ビール、ワインを提供しています。

とのこと。人気店にも関わらず、意外と新しいお店です。

今回はその大人気ハンバーガー店「Shake Shack」の本場・ニューヨークのお店に潜入取材してきました。

ニューヨークのマンハッタン中心部のShake Shackのお店

ニューヨークのマンハッタン中心部のShake Shackのお店

なんとびっくり。マンハッタン中心部のお店に大行列ができていました。

ニューヨークでこんなに行列を見たのは初めてです。とりあえず並んでみることに。

通りにはみ出るほどの「Shake Shack」行列

通りにはみ出るほどの「Shake Shack」行列

通りに ハミ出るほどの行列です。40分ほど待ってやっと店内に入ることができました。

日本の多くのバーガー店と同じように、先にカウンターで注文し、商品をもらってから席に向かいます。

ただ、この行列で席の確保は困難。今回はふたりで行ったので、先に席をとっておきました。

お客さんでひしめきあう「Shake Shack」店内

お客さんでひしめきあう「Shake Shack」店内

さて、総待ち時間50分。今回は大人気の「ShackBurger」を食べてみました。

まず第一印象は、野菜が新鮮!シャキシャキした新鮮な野菜がたっぷり入っています。

そして野菜の食感を楽しんでいると、肉汁じゅわっとお肉の味が口に広がります。他のハンバーガーショップにはない、素材をしっかり楽しめるハンバーガーショップなのではないかと感じました。

オリジナルビール「Brooklyn Brewery」

オリジナルビール「Brooklyn Brewery」

「ticot」記事を共有する

コメント