DHAたっぷり! ブリの栄養素

皆様、こんばんは☆

ナツミです( ^ω^ )

ありがたい事にブリを頂き、

image

親しい仲間内でブリしゃぶパーティをしました(*^^*)

image image

今日は旬のものを食べよう!

という事で”これから旬のブリの栄養素について”少しお話しさせて頂きます♪

 

出世魚としてお馴染みのブリ

た〜〜っぷりと脂ののった濃厚な味わい

たまりませんよね!!

濃厚な分、青背魚の中でもトップクラスの栄養素(EPA・DHA)が含まれています。

冷たい海の中で生活する魚の場合、その脂肪分は凝固しにくい不飽和脂肪酸(EPA・DHA)が中心です。

DHAという言葉は良く聞くし、不飽和脂肪酸と言う言葉を目にする事はあるけど、イマイチ良く分からないという方がほとんどかと思います(笑)

不飽和脂肪酸というチームの中に、DHAやEPAと言う選手が居ると思って頂けたらわかりやすいですかね!

EPAー体内で合成されないので、身体の外から取り入れる必要のある栄養素で、血液をサラサラにしてくれる働き。

DHAー脳を中心とした神経組織にとても多く含まれており、脳に必須の栄養素。

EPAが向いてない方はいないので、積極的に摂取を心がけて良いでしょう。

厚生労働省では、国民の健康維持などを目的とした基準の中で「DHAおよびEPAの目標摂取量は1日1g以上が望ましい」と発表していますが…

この1g以上、マグロの刺身(赤身)で換算すると、なんと約9人前以上!!!

この量を毎日となると…

よって摂りすぎの心配は、よっぽど無理して食べ続けない限り、心配ないと思われます(笑)

 

少し長くなってしまいましたが、何が言いたかったかと言いますと!

現代では、養殖やハウス栽培などが盛んになり、季節や地域が関係なく安定して色々な食材が手に入る様になりました。

しかし、やはり自然の流れというものは良く出来ています!

旬のものは自然のリズムに従って育つので、栄養価も高く、必要以上に手をかける事無く自然が育ててくれます。

昔の人は自然のリズムの中で生活していたので、その時々で旬のものを頂き、一番美味しい時に栄養状態の良い食材を口にしていた事になります!

今は少し、早歩きし過ぎている世の中なのかもしれませんね。

皆様も、四季を楽しみながら、旬の食材口にしてみて下さいませ(*^^*)

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

「ticot」記事を共有する

コメント

ABOUTこの記事をかいた人

Natsumi

はじめまして、ナツミです。 お会い出来て嬉しいです! 言葉から生まれる皆様へ向けられた無限のパワー。 毎日を自分らしく生きる為のヒントになれば幸いです+*。 受け取って帰って下さいね! 愛を込めて...♡