自転車専用車両まで?「自転車の街」、コペンハーゲン!

こんにちは!

先日東京は大雪で、デンマークにいたときは当たり前だったことなのに、

寒くて寒くて寒くて・・・辛くて泣きそうになりました.

デンマークで雪の中を自転車こいでたあの私はどこへやら・・・

 

デンマークはあまり有名なものはない小さな国(←失礼)ですが、

有名なものの一つが自転車。世界でもトップ3に入る自転車保有率です。

163301_420559224698395_1773387801_n[1]

(可愛い2人乗りに思わず走行中にぱしゃり。(危険))

 

家を出れば目の前を自転車、自転車、自転車。

ママチャリやマウンテンバイクはもちろん、

ベビーカー付きの自転車に、 荷台付きの自転車、

 

警察まで自転車に乗っていたり。

国会議員の半分以上が自転車通勤だともいわれています。

朝の通勤ラッシュはもちろん自転車ラッシュ。

信号が変わるや否や大量の自転車の波・波・波。

nielsen1[1]

 

 

コペンハーゲンは世界一の「自転車都市」を目指して、

2025年までに50%以上をめざしているそうで、

自転車専用道路や自転車レーン、駐輪場の整備に

多額の投資をしています。

life_a004_0[1]

そのため、自転車利用者にとってはとってもやさしい街。

自転車専用の信号機まであります。もはや車と同じ扱い。

563197_420559241365060_546161864_n[1]

 

2段階右折は当たり前、ハンドルシグナルもあります。

日本じゃあまりみかけませんが、コペンハーゲンではみんなちゃんと後ろに意思表示。

曲がる方向に手を伸ばしたり。

 

コペンハーゲンには日本でいうJRのS-tog(エスト―)、

そして地下鉄、バスといった公共交通機関もありますが、

コペンハーゲン市民にとってはそんな公共交通機関でさえ、「自転車とのるもの」。

車両内に自転車を止めるスペースがあります。

danmark01-600x400[1] E38387E383B3E3839EE383BCE382AFE38080E887AAE8BBA2E8BB8A.E5B082E794A8E8BB8AE4B8A1EFBC92-thumbnail2[1]

 

コペンハーゲン市内はもちろんあちこちに自転車屋さん。

DSC_0467_2010-08-18_11-38-23_640x425[1]

無料の電動空気入れもあるし、パンクしようがちょっと押して歩けば自転車屋さん(笑)

「ticot」記事を共有する

コメント